これだけは知っておきたい、賃貸契約の基本!

賃貸契約の際に必要な手数料は?

賃貸物件を契約する際には、様々な種類の手数料が必要になります。一般的には、前家賃や駐車場料金、敷金、礼金、権利金、仲介手数料や保険料などがあり、物件や仲介業者によっても異なります。前家賃とは翌月の家賃を事前に納めることで、ほとんどの賃貸物件では家賃は前払いとなっているため、入居月分と合わせて契約時に支払いますが、3ヶ月分や半年分など、まとめて払う物件もあるため、事前の確認が必要になります。駐車場料金が必要な場合は同時に支払いますが、物件によっては無料の場合もあります。

敷金、礼金、権利金って何?

敷金は一時的に預ける保証金のようなもので、退去時に特別な修繕が必要となった時に、敷金から差し引かれます。全く問題無い場合は、原則として敷金の全額が返還されることになります。礼金は、賃貸についての謝礼の意味で支払われるもので、退去時に返還されることはありません。場合によっては、修繕費に充てられることもあります。権利金は、借りることの対価としての意味合いがあり、礼金と同様、退去時に返還されることはありません。仲介手数料は、間に不動産会社を介した場合に、不動産会社に対して支払います。

賃貸物件を安く借りるための裏ワザ

一般的にはこれらの手数料が必要とされますが、大家さんと直接交渉・契約することで、大幅に安く済ませることができます。入居したい物件の大家さんを知るには、人づてに聞くのが最善ですが、法務局で登記状況を調べるという手もあります。また、同一の物件であっても、複数の不動産会社が扱っていることが多く、契約する不動産会社によって家賃や手数料などの条件が異なる場合があるため、詳細な情報収集が有効です。入居後は人と人との関わりあいとなるため、不動産会社よりは大家さんと親密になることが重要です。

札幌市中央区の賃貸マンションは防犯セキュリティがしっかりしているので安全な生活を送ることができる賃貸マンションです。