退去時の事も考えたい!賃貸で暮らす際に気を付けたい事

事前の契約がとても大切

賃貸物件の特徴は「借り物である」と言う点にあります。退去時に屋内が破損していた場合、貸借人が原状回復義務を背負う事になりますので注意しましょう。できるだけ満額敷金を返してほしい場合は注意しながら生活する事が大切です。特に賃貸でペットを飼っている場合、契約段階でどのような破損があれば原状回復義務が発生するのか細かく取り決めておく事が大切です。ペットを飼えば柱や壁に傷が付きますし、部屋に臭いが染みついてしまう事もあるのです。

賃貸で暮らす上で守りたい事

他にも賃貸で暮らす場合に気を付けたいのが生活の変化の問題です。賃貸は契約のもとに人様から借りている家ですから、貸借人がその約束を破る事は許されません。例えば物件を借りた後に恋人と同棲を始めた場合、家主から退去を勧告されてしまう事もあります。もしも同棲したい場合は家主に掛け合ってみるようにしましょう。同様に騒音や異臭で近隣住人に継続して迷惑をかけた場合も退去して欲しいと頼まれる事があります。責任を持って生活する事が大切なのです。

退去時の敷金にこだわりたい

賃貸住宅を退去する場合、最終的に家主立会いの下で部屋の中を点検する事になります。その時屋内に破損があれば貸借人が敷金によって修繕する事になりますが、原状回復義務はどのような破損によって発生するのか事前に定義を確認しておくようにしましょう。例えば家具を設置した事による床のへこみは、生活する上で必要最低限な破損ですから、貸借人が原状回復義務を背負う必要はありません。退去時のトラブルを避けるためにも、賃貸に入居する際は真っ先に部屋の写真を撮影して残しておく事が大切です。

郊外の札幌の賃貸マンションは別荘タイプのリゾートマンションも多数あり、避暑目的で使われることが多く需要も高い物件です。